店舗清掃を甘くみている会社は経営を甘くみている会社です

「たかが清掃、されど清掃」です。かつて高名な経営評論家が、「清掃を疎かにしている会社で成功している会社はいない」と語っていましたが、経営の奥深さを表している言葉です。仮に、運よくヒット商品を開発して売上げが倍増することがあったとしても、長続きをしなければ在庫を抱えて倒産することもあります。長続きをするコツは日々の努力と工夫しかありません。その日ごろの積み重ねを最も表しているのが清掃です。
メーカーにしろ事務所にしろ、自分たちが仕事をしている場所は常にきれいにしている必要があります。仕事関係で「清潔を保っている必要のないところ」はありません。事務所なども場合、取引先が来社したときに悪印象を与えますと取引が中止になることもあります。清掃は企業の土台を作ることにつながります。

店舗清掃はお店の顧客を決める要因になります。

事務所や工場などは基本的に自社の従業員が働くことが基本です。ですから、仮に清掃を少しくらい疎かにしてもすぐに悪い結果が出ることはありません。しかし、店舗にお客様をお迎えする業種、例えば飲食業やサロン業、サービス業などの場合は、清掃をしない影響がすぐに現れます。お客様というのは不満を直接口にするようなことはしないものです。現在は、クレーマーという言葉が流行っていますが、クレーマーは文句を言うだけでお店の売上げに貢献することは少ないものです。クレーマーは自分の気持ちをすっきりすのが目的だからです。
それに対して、本当の顧客になってくださる方は不満があっても直接口にはしません。ただ「来なくなる」だけです。もし、その理由がお店の清掃が行き届いていないことであったなら、それほど残念なことはありません。経営者は店舗の清掃に敏感であることが必須条件です。

一般の清掃と店舗清掃の違いを理解する重要性

最近は一般の家庭を清掃するサービスも登場していますが、一般の家庭と店舗の清掃では考え方が全く異なります。一般の家庭は住んでいる人が快適に過ごせることが目的ですが、店舗清掃は来店するお客様が快適に感じることが目的です。しかもお客様というのはお金を支払ってサービスを受けに来る方々です。常に視点はお客様の側に立っている必要があります。
店舗の清掃で大切なことは、日々の積み重ねです。これを怠りますと、清掃関連の費用が高くなってしまいます。例えば、床の清掃をさぼっていますと、元の状態に近づけるには専門の業者に依頼する必要が生じます。専門の業者は決して安くない価格が必要です。トータルで考えるなら日々の清掃を小まめに行うことが清掃費用を少なくします。言うまでもありませんが、経費を管理するのは経営で最も重要なことです。

オフィス清掃業者によって「対応力のある業者、ない業者」では、仕事ぶりが全然違います! 事務所清掃では営業時間外に清掃作業を実施させていただいており、営業に差し支えないような配慮を心がけております! ビル清掃の問題を一から洗い出し、問題解決に向けたサポートをご提供いたします! 業者を変更する時の、ご担当者様のご負担も企業としてのリスクも当社が負担します。 店舗清掃ならアーネストにお任せ