定期的な店舗清掃で快適な環境を維持しましょう

店舗を使用している期間が長くなれば長くなるほど、汚れというのは少しずつこびりついてしまっているのが普通です。キレイに使用してキレイに掃除をしているつもりでも、自分たちで出来ることには限界があります。それぞれの汚れに合う洗剤や、汚れを落とすための器具を使い、素材を理解して正しく清掃しなければ、汚れを根こそぎはぎ取るのは難しいです。長い期間かけて少しずつついてしまった汚れを素人が落とすのは、時間ばかりかかるのに、さほどきれいにできないかもしれません。経費の節約のためにできる部分は自分たちで清掃しても、よけいに汚れを浮き立たせてしまう結果になってしまいがちです。これを防ぐためには、店舗清掃を専門に行う業者に清掃依頼することです。事業を始めたばかりなので、そこまでお金をかけられないという企業もあるでしょうけれども、清掃をプロに頼むのは実は大きな節約につながる可能性があります。理由は光熱費を大きく節約できるかもしれないということと、仕事に時間をより使うことができるということです。この2点について、より詳しくご説明しましょう。

キレイに清掃をすると光熱費の節約効果が大きい

たとえば、フィルターが汚れているエアコンは、その分電気を消費します。これは多くの方が理解しているとは思いますが、このフィルターをキレイに清掃するだけで、かなり電気代を節約できます。特に、店舗のような大きなスペースではその節約効果が大きく現れます。これを店舗清掃のプロにお任せすると、とてもキレイにしてもらえます。更に、天井の電気をキレイに拭いてもらえば、明るくなります。室内が明るくなれば気分もよいですから、従業員に活気がみなぎることも珍しくありません。更に、店舗内が明るくなることで店舗の印象そのものが良くなり、よりお客様が見込めるかもしれません。また、大人の雰囲気を楽しむバーやスナックなどアルコールを差し出すような店舗では、よりワット数の小さな電気でよいかもしれません。そうなれば会社としての利益も見込めるでしょう。

従業員の仕事時間を有効に使える

店舗の清掃にかかるお金を節約して、できるだけ従業員に清掃をしてもらうよう考える経営者もいるでしょう。少ない資本金で事業を始めた場合、できるだけお金を使わないようにしたいはずです。しかし、従業員の仕事能力が高いとか、それぞれ特殊技能を持っているような場合、掃除をさせるよりも、本来の仕事に集中させる方が利益が上がるのではないでしょうか。また、清掃という本来の業務でない業務をさせて、ケガなどされても経営者にはメリットはないでしょう。特に、本来の仕事で大きく稼ぐ従業員に、その仕事以外の仕事をさせるということは、大きな損失になります。店舗の清掃は、その技術と道具と知識を持った専門業者にお任せしてしまうほうがメリットが大きいでしょう。清掃は清掃のプロに頼んだほうが、従業員も気がつくときれいな職場になっていると、居心地がよくなるはずです。これも立派に利益に繋がる可能性が高いでしょう。