飲食店などの場合は店舗清掃は評判にも関係して来るものです

店舗の場合には一般家庭に比較して落とせない汚れとか頑固な油汚れもあり、特殊な設備を必要とする場合があります。営業中は顧客が入っているために清掃作業を行うことは出来ません。開店時間前になるとその準備にとられてこれを行うにも手が回らないことも多いものです。又、時間がないと細かなところまで目が行き届かず汚れに気が付かなかったりどこか破損した場所があっても元に戻すにも間に合わないことになります。
場所としては店舗部分だけでなく厨房部分や収納庫回りなども不潔にしているとゴキブリやネズミなどが発生する可能性もあります。従って使用した後は洗浄や消毒、乾燥して保管を行うことは大切になります。又、トイレも顧客が使う頻度も多く店舗の清潔さが判断される場所でありきれいに清掃を行っておくべきです。

店舗清掃の依頼について

店舗では従業員の人数も限られていて勤務時間も自由でない場合が多いものです。そういう場合に経営者側でこれを行うには作業として無理な面も出て来ます。そこから会社で清掃作業を行うのに限界が生じたりして手が回らない場合も多く業者に依頼することも多いものです。
専門業者であれば店舗側が求めているものを汲みとって適切な提案を行ってもらうことも出来ます。
挨拶とかマナーも心得て責任ある姿勢がとられていますので、経営者側にもその態度が伝わることになります。清掃後も長くきれいな状態が保てるようなメンテナンスのノウハウも持ち、最新の技術によっては美観を維持し感染症を予防してイメージアップにつながります。
業種や業態によっては日中に清掃作業を行うことが無理な場合もあり、この場合には営業時間外の夜間から開始時間にかけて行うことも可能になっています。

店舗清掃業者の選び方について

建築物環境衛生管理基準では半年に1回大掃除を行う必要があるとされています。この基準を熟知した業者であれば経費は多少かかってくるとしても考え方によっては安いものにもなり得ます。
業者選びにおいてはサイトから探すことが出来、その際には清掃箇所や内容と費目、及び料金が明瞭に示されている必要があります。そして作業日とか時間帯が選べ、クリーニング関係の組織に属していることが望ましいものです。
料金については部位とか清掃の内容、あるいは汚れ具合で定められていることが多く、これを依頼するには複数の業者に見積をとることも望ましいとされています。
流れとしては見積依頼をすると次に店舗でその内容の作業を行ってもらい、清掃日を決めて清掃を実際に行ってもらい料金を支払うということになります。